パステルとメディウムを混ぜる

大阪で「パステルシャインアート」インストラクター勉強会を開催しました

7月29日(土)に大阪で、パステルシャインアートのインストラクター勉強会を開催しました。

今回は「メディウム」というペースト状の画材を使って、
パステルアートにいろいろな効果を出す方法を体験しました。

ツヤを出したり、盛り上げたり、ザラザラとした質感を出したり、
パステルだけでは出せない表現を加えることができました。

写真は参加のみなさんの作品です。
「夏」というテーマで描きました。

ザラザラした質感が、砂の表現にぴったりで、さわると実際にザラザラしています。

パステルとメディウムを混ぜる

ぼくの作品は左の金魚の絵です。

はじめにパステルで描いた後から、パステルとメディウムを筆で溶きながら効果を足していきました。

メディウムを溶かすのに少量の水も加えているので、筆でなぞると水彩のように色がのびるんですね。

これはおもしろい表現ができそうです^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す