曼荼羅ワーク

曼荼羅ワークと育みたいもの

先日、京都で受講した曼荼羅ワーク。
テーマは「育む/築く」でした。

パステルで描く前に、みなさんと育むと築くのイメージを話し合いました。
ぼくの育むのイメージは、
愛情をこめて育てること。
あたたかく包み込む感じで、曲線や球のイメージです。

築くのイメージは、
目的をもって積み上げていくこと。
時間とともにステップアップしていく感じで、直線やピラミッドのイメージです。

育んでいるものはありますか?

先生からこんな問いかけがありました。

「けんさんが今育んでいるもの、育みたいものはありますか?」
育んでいるといえば、やっぱり子どもの顔が浮かぶけど…もっと深く考えてみました。

これから育みたいもの…
自分の経験かな?

自分のためにもなり、家族や友達、仕事、まわりの人たちの役にも立つような経験。

そうして決まった「経験を育む」というテーマで描いたのが、上段中央の緑の曼荼羅です。

曼荼羅ワーク

宇宙のようにも見えるし、
ほおずきが開いていくようにも見える。
お気に入りの作品になりました^^

「築く」のマンダラ

そして下段中央の青い曼荼羅が
次に描いた「築く」のマンダラです。
育むの方がイメージしやすかったけど…
今足りなくて、これから培っていきたいのは築く力かもしれない。。。

あれ??
そもそも、経験って築くもの!?

橋を築く
家を築く
堤防を築く

目的によって築くものがちがい
築かれたものによって使い方も変わる。

築くのイメージがあふれてきました。
次は「経験を築く」というテーマで曼荼羅を描いてみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す