パステルシャインアート養成講座

プロセスに意識を向ける”気づき”の禅アート

今日はパステルシャインアート「ベーシックインストラクター養成講座」の三日目、最終日でした。

基本の10テーマを習得した後、「イメージで描くアート」と「禅アート」のワークにも取り組みました。

「気づき」の禅アート

パステルシャインアートでは、絵を完成させることだけを目的としません。

描くというプロセスをとても大切にしています。

「ベーシックインストラクター養成講座」でも、プロセスに意識を向ける”気づき”の禅アートに取り組みます。
・・・
禅アートでは普段は10分で描ける円の絵を、30分以上かけてゆっくり描きます。

深い呼吸の中…
パステルを選ぶのもゆっくり…
パステルを削るのもゆっくり…
コットンで描くのもゆっくり…

ふだん無意識に行っているクセや習慣を意識することで、自分で選んで続けることもできるし、やめることもできる。

ひとつひとつのプロセスにていねいに向き合う、自分のための時間です。

・・・

三ヶ月かけてゆっくり講座を受講されたSさん。

ワークが終わった頃には涙ぐまれていて、そこには大切な気づきがありました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す