『誰でも描ける!パステルアート』本日より販売開始です

誰でも描ける!パステルアート

NHK出版から出版の『脳もこころも健康に 誰でも描ける!パステルアート』が本日より販売がスタートしました。

脳もこころも健康に 誰でも描ける! パステルアート (NHKまる得マガジン)

講師は日本パステルシャインアート協会代表の江村信一先生。
監修は杏林大学医学部教授の古賀良彦先生となっています。

Amazonの「なか見検索」で内容の一部を確認することもできますよ!
Kindle版ならすぐに全編見ることができます。

「まる得マガジン」放送カレンダー

この本は、5月日午後9時55分よりNHK「まる得マガジン」で放送される『脳もこころも健康に 誰でも描ける!パステルアート』のテキストになっています。

放送は全8回で
・お日様を描く
・海を描く
・色のマジック
・光のマジック
・花に命を吹き込む
・風景に命を吹き込む
・絵はがきを描いて贈ろう
・グリーディングカードを贈ろう
です。

テキストを見た感じだと、パステルアートの効果と画材の紹介、基本的な準備と仕上げの方法、そしてテーマごとのテクニックが放送されるようですね^^

テレビ放送のゲストは声優でタレントの金田朋子さんです。
江村先生との絡みも楽しみです^^

展示会で使った立体キャプションボードの作り方

キャプションボードの作り方

美術館や展示会で作品を展示する時に、タイトルや作家名を記載するプレートをキャプションといいます。

昨年の「チャリティーギャラリー展」に参加したときに、厚みのある立体的なキャプションを使われていて、とても素敵だったので、今回見よう見まねで自作してみました。

展示会のときに作り方を聞かれたので、紹介しますね!

キャプションボードの材料

キャプションボードの材料は
●スチレンボード(100均)
●ラベルシール
の2つだけです。

1つ当たり10円もかからず簡単に作れます^^

スチレンボード

スチレンボードとは発泡スチロールでできた板の一種です。よく見る発泡スチロールよりも目が細かく、丈夫で加工しやすいのが特徴です。

今回はキャプションを立体にするのに使いました。

ダイソーで大きなボードが100円で売っていたのでそれをカットして使いました。ダイソーでは「カラーボード」という名前だったかも。

色・厚さ・大きさの違ういろいろな種類のスチレンボードがありますが、今回は厚さ1cmの白いスチレンボードを使いました。

大きさはA4以上ならどんなサイズでもOKです。

ラベルシール

ラベルシールとは、プリンターで使える片面がシールになった紙です。

こういうの↓

エーワン ラベルシール ノーカット 20枚
ラベルシール ノーカット 20枚入

パソコンで作った「タイトル&作家名」を印刷して、スチレンボードに貼るのに使いました。

普通のコピー用紙を糊付けするよりも、しわになりにくくておすすめです!

ラベルシールはカットされているタイプもありますが、今回はボードに貼ってから自由なサイズで切りたかったのでノーカットのものを選びました。

キャプションボードの作り方

1.パソコンでキャプションを作ります

キャプションに記載する内容を考え、Wordなどで作ります。

内容は、タイトル・作家名・作品紹介・画材・サイズ・(販売するときは価格)などが一般的です。

記載する内容によって、キャプションのサイズを考えましょう。

今回はタイトルと作家名だけだったので、A4サイズ1枚に12個のキャプションを作りました。

<A4サイズ1枚に12個作った例>
キャプションボードの作り方

薄い灰色で枠取りしておくと、後でカットするときに便利です☆

2.印刷してボードに貼る

プリンターでラベルシールに印刷して、スチレンボードに貼り付けます。
しわにならないように慎重に。。。

3.ボードをカットします

キャプションの枠線にそって、ボードをカットしていきます。このとき大きめのカッターナイフがあると切りやすいです。

厚みがかるので少し切りにくいですが、できるだけまっすぐに切りましょう。

思い切りよくスーっと切ったほうが、縁がまっすぐになってキレイになります。

すべてカットできたら完成です。

キャプションボードの展示の仕方

このキャプションは厚みがあるので、画鋲では展示できません。

両面テープを使うと壁を傷めてしまうので、会場の方と相談してベストな貼り方を考えましょう。

春の展示会ではこちらの「ひっつき虫」を使いました。

コクヨ 粘着剤 ひっつき虫

貼り付け専門の練り消しみたいな道具で、どこにでもよくくっつし、安いし、何回でも使えて便利です^^

壁を傷めることは少ないですが、壁質によっては使えないので、使用の際は必ず会場の方に確認しましょう。

今回の会場でも、マスキングテープの使用はNGでしたが、ひっつき虫ならOKでした。

まめつぶくらいの大きさにちぎって、キャプションの裏にくっつけて壁に貼り付けました。

キャプションボードの作り方

作品と揃えて展示するときれいに見えます。

モノギャラリー千里中央駅

まとめ

今までは、画用紙でキャプションを作っていましたが、今回初めてスチレンボードで作りました。

キャプションが立体的になることで、作品に重厚感が出て、会場の雰囲気も高まったように思います。

簡単に作れるので、参考にしていただければと思います。

<ほめ育>ほめることで人を育てる

ほめ言葉の魔法

先日、facebookのお友達に「ほめ育」という言葉を教えていただきました。

ほめ育とは、原邦雄さんが提唱されている
”ほめることで人を育てる”活動です。

人は、ほめられるために生まれてきた

ほめ育は育児や教育だけでなく、企業研修にも活用されています。

たしかに!
大人になると、やってあたり前・できてあたり前になってしまって、ほめられることってどんどん少なくなります。

でもやっぱり、大人でもほめられると嬉しいし、やる気もでます。

ほめ育のことをもっと知りたいと思い、早速こちらの原さんの本を買ってみました。

たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法
『たった一言で人生が変わる ほめ言葉の魔法』

本では
・結果ではなく、行動や人間性をほめる
・表面的なことではなく、その人の本質を肯定する
・人をほめることにより、ほめた人自身も変わっていく
など、ほめることの効果や、ほめる時にどこを見ればいいのかなど、ほめて育てるポイントが盛りだくさん!

一番印象的だったのは
「人は、ほめられるために生まれてきた」という言葉です。

ほめることで人を幸せにできる

パステル教室でもついつい「キレイ!」とか「素敵!」とか、表面的なほめ言葉を使ってしまうことがあります。

素敵すぎて「素敵!」と言ってしまうことはもちろんある(笑)のですが、ほめ上手になれれば、もっとみんなを幸せにできる気がします。

言葉の力はすごい。
今すぐ人をほめたくなる本です。

『たった一言で人生が変わる ほめ言葉の魔法』

テレビで紹介されます!『脳もこころも健康に誰でも描けるパステルアート』NHKまる得マガジン

NHK『まる得マガジン~脳もこころも健康に 誰でも描ける!パステルアート~』

5月からNHK・Eテレのテレビ番組『まる得マガジン』パステルシャインアートが紹介されます!

講師はパステルシャインアート創始者の江村信一先生
ゲストは声優でタレントの金田朋子さん

お二人の絡みも気になります(笑)

『まる得マガジン』放送内容

「脳もこころも健康に 誰でも描ける!パステルアート」という内容で、2017年5月1日から全8回の放送です。

5月~7月まで再放送を含めると32回放送されます。

NHK『まる得マガジン~脳もこころも健康に 誰でも描ける!パステルアート~』

パステルシャインアートの魅力をテレビを通してたくさんの方に知っていただけると嬉しいです^^

番組テキスト販売

番組テキストの予約販売がスタートしました↓

脳もこころも健康に 誰でも描ける! パステルアート (NHKまる得マガジン)
『脳もこころも健康に 誰でも描ける! パステルアート(NHKまる得マガジン)』

早速注文しましたよ♪
多くの方に見ていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

『パステルシャインアート春の展示会』搬入完了!

モノギャラリー千里中央駅

春の展示会の搬入が無事に完了しました^^

今回のテーマは「春」ということで、とても春らしい、パステルシャインアートらしい作品がずらーっと並びました☆

今回は大きめの作品も多いので、ぜひ現物を見ていただきたい!

来週4月19日(水)の14時まで展示しております。

↓詳細はこちら

『第10回 パステルシャインアートin関西 ギャラリー展』に出展します

どうぞよろしくお願いいたします^^

春の展示会の出展作品です

パステルアート『旅立ち』

明日から始まる、「第10回 パステルシャインアートin関西 ギャラリー展」の出展作品です。

作品名『旅立ち』

春ってなんだかわくわくしませんか?

どこかにでかけたくなったり
何かをはじめたくなったり。

笑顔で飛んで行きたくなるような春の風をイメージしました^^

展示会の詳細はこちらです。

『第10回 パステルシャインアートin関西 ギャラリー展』に出展します

額装もすんだので、明日の午後から搬入に向かいます。

他にも20点を超えるパステルアートの展示がありますので、ぜひお立ち寄りいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

『第10回 パステルシャインアートin関西 ギャラリー展』に出展します

第10回 パステルシャインアートin関西 ギャラリー展

4月12日から大阪で開催される『第10回 パステルシャインアートin関西 ギャラリー展』に出展いたします。

今回は「春」というテーマで、24名のパステルシャインアートインストラクターといっしょに開催することになりました。

行楽日和なこの季節に、ぜひ足を運んでいただければと思います^^

第10回 パステルシャインアートin関西 ギャラリー展

第10回 パステルシャインアートin関西 ギャラリー展
↑クリックでPDFが開きます

日程

2017年4月12日(水)~4月19日(水)
◆ 駅構内のギャラリーなので、開催時間は駅の営業時間に準じます
◆ 初日は16時から、最終日は14時までとなります

会場

大阪モノレール「千里中央駅」モノギャラリー(改札内)
http://www.osaka-monorail.co.jp/ekimono/gallery.html

入場

入場は無料です。
駅員さんに「ギャリーに来た」とおっしゃっていただければ改札内に入れます。

・・・

搬入・搬出の関係で、初日の16時頃と最終日の14時頃には会場におりますので、よければお声をおかけくださいね!

どうぞよろしくお願いいたします。

リカフレームを教えていただきました

リカフレーム

今日はアクリルフレーム考案者のMichiko*さんから直伝で、リカフレームの作り方を教えていただきました。

リカフレームはスチレンボードを土台にした、立体感のある超軽量フレームです。

マスキングテープで簡単に模様を変えられるのも素晴らしい!写真の2つは同じ土台を使って3分ほどで模様替えしました^^

Michiko*さん、ていねいに教えていただきましてありがとうございました!

スカイプ講座準備中です

今回、リカフレームを受講させていただいた目的の1つが、スカイプ講座の体験でした。

ぼくの講座はホームページからのお申込みがほとんどなのですが、きっと、講座に興味はあっても奈良までは来られない…という方もいらっしゃると思います。

パステルのスカイプ講座は体験したことがあったのですが、フレーム作りはどんな感じでされてるのか知りたいと思って受講させていただきました^^

おかげさまでスカイプの自信もついたので、この春からぼくの教室でも、スカイプ講座と通信講座を始めたいと思っています。

メニューはまだできていませんが、ご興味があればいつでもご相談くださいね!どうぞよろしくお願いいたします。

パステルシャインアート『まるい天使の羽』講座の様子

昨日は奈良の「まちのカフェvivo」さんで、パステルシャインアート講座を開催しました。

テーマは『まるい天使の羽』です。
大阪からJさんがご参加くださいました^^
ありがとうございます!

まるい天使の羽

右の縦2つがJさんの作品です。

Jさんの作品にはいつもストーリーがあって
青い天使にも
ピンクの空に浮かぶたくさんの雲にも
大切な意味が込められています。

見本のとおりに絵を完成させることが目的ではなく、心の中のイメージをじっくりと味わい表現する。

「まる」をモチーフにしたシンプルなテーマだからできる、心とつながるアートです。

光る地球

上の作品は『光る地球』をイメージして描いた20cm四方の作品です。

Jさんが出展される春の展示会を意識して大きめの作品に取り組みました。

講座でこのサイズをお教えしたのは、実は初めてです。
記念すべき初開催!

これから『光る地球』講座も開催できますので、ご希望があればご連絡くださいね!

パステルアート『光る地球』

どうぞよろしくお願いします^^

【寄稿】味方につけたい色のチカラ:春号は『ピンクのチカラ』

プチくらしの森/GoodStyle

連載記事「味方につけたい色のチカラ」を書かせていただいている広報誌の春号が発刊されました。

プチくらしの森』(発行元:伊藤忠エネクス株式会社)と『GoodStyle』(発行元:株式会社ジャパンガスエナジー)に掲載中です。

春号のテーマは「ピンクのチカラ」

みなさんは春というと何色のイメージでしょうか?

ぼくは…
桜のピンクのイメージが一番強く
菜の花の黄色
野原の黄緑
そして行楽気分で空の青が思い浮かびます。

今年の春号ではピンクのチカラを紹介させていただきました^^

ピンクは愛と優しさの色で、心と体が若返る効果もあると言われています。

表紙も一面のピンクで、春が楽しみになりますね♪

内容は『プチくらしの森』ホームページで見ることができますので、「プチくらしの森」で検索していただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。